製品のメンテナンス






■ルアーのメンテナンス (説明: 製品開発 小西)


私は下記の方法でメンテナンスを行っております。

もっとよい方法があるかもしれませんが、

参考になる部分がありましたら、採用して下さい。





●塩分は金属を腐食させる


上記の写真の水が白く濁っているのが

お分かりいただけると思いますが、

これは塩分と汚れです。

私は今まで錆によるルアーワイヤーの破損について、

ノートラブルですが、物凄く稀にですが、

ルアーの洗い方が不十分で、

ワイヤーが錆びて切れた方がおられます。

(ステンレスは錆びないと思われがちですが、

ステンレスも塩分で腐食を起こします)

ルアー部品の金属の錆はルアーの使用が1回でも、

魚を掛けていなくても起ります。

1〜2年以上前に使用して、塩分が残ったままのルアーは

特に注意が必要です。

ステンレスの腐食は“孔食”と言われ、とても小さな穴錆が

深い部分まで達している場合があり、外観では錆びの判断が

非常にしにくく、見た目には判断がつかない場合があります。

腐食を起こさせないためには使用後のメンテナンスが重要です。





●基本はしっかり真水で洗う


私は使い終わった道具は、神経質な位に洗っています。

釣り場の水道では、水が使える時間が短かったり、

使うことが出来る水の量が少なかったりします。

また、冷水の場合は十分に塩分を落とせないと考えているので、

自宅か、ホテルの温水シャワーでしっかりと洗います。

釣り場で洗っても、不十分だと感じた時は、

帰宅後、必ずもう一度温水シャワーで洗っています。

ルアーの表面に水をかけただけでは、ルアーの細部

(ルアーの中心にあるステンレスワイヤー) やクレンサルカンの

中の塩分は除去出来ておりません。

下記の洗い方がよいと考えています。





●ルアーの洗い方


ルアーの洗い方は、容器やバケツに温水(35度位) を入れます。

フローティングルアーは水に浮くので、手でルアーを押して、

ルアーのボディー全体を沈めます。

ザバザバと1〜2分洗います。これを温水を変えて3回行っています。

すると水の白い濁りは無くなります。

ルアーを完全に水に漬けて、ルアーの細部の塩分を

洗い落とします。ルアーの表面を水洗いしただけでは、

細部は洗えておりません。

この時、ルアーを長時間、水に漬け置きする方法は、

ウッドへの浸透が起こるのでお勧めしません。

ルアー同様に、マグロに使用する “ボールベアリング スイベル”

も同じような洗い方をしないと、腐食して回らなくなったり、

腐食で破損します。(経験済み)





●ルアーを洗い終わったら


洗い終わったルアーは陰干しします。直射日光、温風など

急激な乾燥は貼ってあるシートやボディーにトラブルを起こしたり、

ルアーの寿命を縮める場合があります。

洗浄後、梅雨や雨の日は、湿度を下げる為にエアコンで

除湿を行っています。





■ロッドの洗い方


ロッドも温水(35度位) で洗います。

ガイド、リールシート、EVAも十分温水で流し、塩分や汚れを流します。

洗った後はタオルで拭いて陰干しします。

洗浄後、梅雨や雨の日は、湿度を下げる為にエアコンで

除湿を行っています。

ロッドの本体とグリップは、基本的には抜いて保管します。

挿して置いておく場合には、ジョイントは物凄く緩めた状態で

ゆるゆるの状態で挿しておきます。普通に挿して置いておくと

固着して抜けなくなる恐れがあります。

ロッド(カーボン)は湿度を嫌うので、湿度が低い所での保管が

望ましいです。








■ロッドベルト ライフウェストのメンテナンス


ロッドベルトも毎回、温水シャワーで洗っています。

ケミカル材や接着剤は種類により、加水分解(塩分で分解される) が

起る物があるので、長持ちさせる為に、塩分がついた物は

全てきちんと毎回洗っています。


ライフウェストが海水まみれになった場合、

乾いて見た目に大丈夫でも、布には塩分が浸透しています。

ライフウェスト外のカバーを外して洗っています。

軽く海水のしぶきがかかった場合は、外のカバーは外さずに

濡れたタオルで拭きます。塩分がついたタオルを濯ぎます。

それを3回位行うと、だいたい塩が取れて綺麗になります。

拭いた後は陰干しします。




Copyright (c) Carpenter All Rights Reserved.