Blue Chaser 83/40 R−Power MAX





BLC83/40 R−Power MAX 

岩礁帯の 30kgオーバーの超大型ヒラマサを獲る為に生まれた。

 (ブルー チェイサー83/40 R−Power MAX)


 ●五島列島、壱岐、対馬などのシャローの岩礁帯の30kgオーバーの超大型ヒラマサを獲る為に開発

 ●ルアーサイズのミニマムはγ90gから使える設計

 ●手元に重心があることで、自重の数値からは考えられない軽さの実感




 〈BLC83/40 R−Power MAX 解説〉


 BLC83/40 R−Power MAX は五島列島、壱岐、対馬などのシャローの岩礁帯の

 30kgオーバーの超大型ヒラマサを獲る為に開発しました。



 BLC83/40 R−Power MAX は大型ヒラマサを止めるに必要なドラグ値を実釣から調べて、

 パワー設定を行いました。 それは想像よりも大きなドラグ力を必要としました。


 他に必要な要素として、BLC83/40 R−Power MAX は使用するミニマムのルアーをγ90gから

 使える設定にすることです。
 大型ヒラマサを止める為に大きなバットパワーが必要であり、ティップは

 γ90gが動くパワーとなると ティップセクションのパワーとバットセクションのパワーの差が大きな

 急テーパーデザインになります。

 しかし、工夫されたカーボンクロスの組み合わせによって設計されたブランクは、非常に折れにくく、

 かつ、キャスト、ファイトに於いてたいへん扱いやすいフィーリングに仕上がりました。



 BLC83/40 R−Power MAX は超高負荷に対応する為に、弾性率の異なる複数のカーボンクロスを

 適正箇所へ配列することで、大きな破壊耐力と軽さの両立をはかりました。

 そのブランクは、PE8号 PE10号を力強く受け止めてくれます。

 また、BLC83/40 R−Power MAX は手元に重心があることで、自重の数値からは考えられない

 軽さの実感があります。



 テスト釣行では、BLC83/40 R−Power MAX で30kgまでの魚をシャローで獲っておりますが、

 魚をボトムに行かせることなく、全て中層でのファイトで かたをつけております。今まで手に負えなかった

 岩礁帯の浅場の超大型ヒラマサに一番近づくことが出来るロッドだと考えております。


 ニュージーランドのホワイトアイランド、タウランガ沖の大型キングフィッシュの海外遠征にも

 心強いロッドです。



 BLC83/40 R−Power MAX ・・・ 大型ヒラマサに憧れを持ち、目指しておられるアングラーの方に、

 是非お使いいただきたい。




 スペック

 Lgth. 繋数 仕舞寸法 適合ライン ルアー ドラグMAX 自重
2540mm 1&H 1815mm ♯6〜10 70〜200g 20kg(※1) 407g(※2)


 (※1) BLCシリーズのMAXドラグは、ロッドアングル 0°の場合の数値です。

 (※2)
ロッド重量は最終プロトの重量を測った値です。製品とは誤差がある場合がございます。

 ※ ロッドの仕様 パーツは改良の為に予告無く変更する事がございます。ご了承下さい。

 ※ 価格変更がある場合は、事前にHPでお知らせをさせて頂きます。




 価格

モデルタイプ 価格 (税別)   製作形態
  強化レギュラーモデル ¥66,000  外部工場で組み立て
 (セミカスタムモデルはこちらに含まれます ※現在製作予定は未定)
  カスタムビルトモデル ¥87,000
(基本仕様価格)
 カーペンター工房にてオーダーメイドで組み立て
 (ファクトリーモデルデザインはこちらに含まれます)

 ※ ロッドの価格はモデルにより異なります。

 ※ 価格には消費税は含まれておりません。

 ※ 価格変更がある場合は、事前にHPでお知らせさせていただきます。





 使用パーツ構成 グリップ寸法

トップガイド 中間ガイド バットガイド リールシート エンドキャップ Fグリップ長 Rグリップ長
MNST−16 MNSG MNSG40 DPS22 DL※ BRC22 250mm 425mm


 ※ DL = リールシート ダウンロック
 ※ Rグリップ長は、EVA+エンドキャップの長さです。




 メモリアルフィッシュ


 動画

 ホワイトアイランド キングフィッシュ

 
BLC83/40 R−Power MAX +

 γ160g
 

 キングフィッシュ 15.5kg

 平岡氏 ファイト

 BLC83/40 R−Power MAX +

 γ160g



Copyright (c) Carpenter All Rights Reserved.
このホームページに関する一切の著作権は 株式会社 カーペンター に帰属します。