OP BP カスタムロッド オプションのご留意点


■OP BP カスタムロッド オプションのご留意点


OP(オーシャン ポラリス) BP(ブラック パンサー) のカスタムロッドの

オプションの ”上糸 メタリック スレッド” と ”ライト系のスレッド” につきまして

ご留意事項を載せました。

宜しくお願いします。





■上糸 メタリックスレッド


OP(オーシャン ポラリス) BP(ブラック パンサー) の上糸を

メタリック スレッドにするオプションにつきまして、お勧めをしません。


理由は ”上糸をメタリック スレッド” にする場合は、

2重巻き (ダブル ラッピング) になります。

(メタリック スレッドには、ガイドを保持する力が無いので、

メタリックスレッドを巻く前に、一旦ガイドを保持する為のソリッド系の糸を巻き、

コーティングで固めた上、その後 メタリック スレッドを巻いて仕上げます)


ライトな軽量ブランクのOP(オーシャン ポラリス) BP(ブラック パンサー) に対して

2重巻き (ダブル ラッピング) は、ブランクの重量に対してラッピングに使う

スレッドの重量とエポキシ塗料が重過ぎます。


ブランクのたわみが大きくなり過ぎ、操作性や感度が鈍ります。


上糸カラー変更に メタリックスレッドをご検討の方は

以上の点をご理解いただきました上 オーダー下さいますようお願いいたします。






■ライト系 (明るい色) のソリッド系 NCPスレッド


OP(オーシャン ポラリス) BP(ブラック パンサー) に

上糸カラー変更オプションで、ライト系 (明るい色) のスレッドを選択した場合の

ご留意点がございます。


黒いブランクに、ライト系 (明るい色) のスレッドを巻くと

糸の発色がよくありません。また、下地のブランクが透けて筋っぽく見えます。


通常は、綺麗に発色させるために、2重巻き (ダブル ラッピング) にします。

※上糸にメタリックスレッドを使用する場合と同じ工程です


しかし、ライトな軽量ブランクのOP(オーシャン ポラリス) BP(ブラック パンサー) の

2重巻き(ダブル ラッピング) は、

ブランクの重量に対してラッピングに使う スレッド重量とエポキシ塗料が重過ぎます。


ブランクのたわみが大きくなり過ぎ、操作性や感度が鈍ります。


この対策としまして、スレッドが乗るブランク部とガイドの足先の部分に

塗装による発色処理を行います。

但し、この方法は、「OP」「BP」シリーズ特有の工程により コストが掛かります。


発色の綺麗な仕上がりをご希望の場合は、

オーダーフォームの最下段にございます

『上糸発色処理を希望』の項目に “チェック” を付けて

(塗装による)発色処理をご指定下さい。



※参考

特に発色処理は
不要と思われるスレッドカラー (スレッドカラー 一覧 のページから抜粋)

●モノトーン系

G−441 チャコール 〜 C−002 ブラック まで


●ブルー系

G−638 ティール 〜 G−050 コバルト ブルー まで


●レッド系

G−335 キャンディ アップル、 G−206 ガーネット


●グリーン系

G−6779 ミディアム グリーン、 C−525  ダーク グリーン


●イエロー&ブラウン系

G−541 ミディアム ブラウン、 G−396 ダーク ブラウン


●パープル系

G−337 マルーン、 G−625 パープル


・・・以上のスレッドカラーには発色処理は不要と考えております。




■ブランク、ガイドに塗装による発色処理を行う場合の追加の価格


¥12500円 (税別)




下記の写真は、発色処理なしの 1重巻き (シングル ラッピング) の物です。

1重巻き (シングル ラッピング) でも遠目では筋などは見えにくいですが、

出来る限り綺麗な仕上がりを求められる場合は、

発色処理をお勧めします。

そこまでこだわらないと言われる場合は

そのまま、1重(シングル ラッピング) で行わせていただきます。

もし、ライト系 (明るい色) のスレッドをオプションで選択される場合は、

どちらかをお選びください。

宜しくお願いします。










Copyright (c) Carpenter All Rights Reserved.