ダムセル (Damsel)

『ダムセル』は、2008年1月に誕生した 『ダムセル オリジナル』 の動きの性質を変えた物です。改良型ではなく、欲しかった動きを出す為に形状とウェイトの配置が変わっています。このダムセルは、使い時がたいへん重要です。効果がある時は、ズバリ ”平水” です。海面が平らな時です。うねりなどでも、海面に平らな面がある時は大丈夫です。細かなピッチの高低差がある波には向きません。また、水面に近い状態での操作が良いです。ここもたいへん重要です。基本、ローデッキの船がベストです。キャスティングデッキと海面までが距離のある場合は、ロングロッド(8.6~8.8フィート) での操作が良いです。GT ヒラマサ マグロ 共にポッパーが効く時があります。ペンシルに反応が無い時に試してみると思わぬ効果がある時があります。

■ダムセル

販売 2015年~ (KLL販売時期を含む)
略名 DS
KLL Model Name
KLL 015A (初販)
KLL 015B (015Aの改良型 → DS 120)
KLL 029A (DS 75)

※仕様は改良により予告無く変更することがあります。



■ダムセル 仕様一覧

ダムセル 75 / 160mm / 約 75g / F

ダムセル 120 / 185mm / 約 120g / F

※全長 重量 比重について


※全長は後部の金属部分を含めておりません。また、設計上は基本になっている数字がございますが、表示はきりが良い数字にしております。

※重量も同じく、設計上はきちんとした数字が基本にありますが、フックは付けていない重量を基本に、きりが良い数字にしております。

※同じ形状でTypeによって重量が異なるルアーもございます。

※仕様一覧には F フローティング / S シンキング / SP サスペンド と

表示があります。SP サスペンド は厳密な水中停止ではありません。



■ダムセル 適合フック&スプリットリング

ダムセル 75 / 約 7g / 200lb

ダムセル 120 / 約 11g / 250lb

※重量はフック1個あたり

※スプリットリングは、カーペンター製

※適合フック&スプリットリングは臨機応変に願います。 (上記は設計推奨例)

例)

① 対象魚が大きい → 針やリングを大きくする

② ルアーに浮力を持たせたい → 針やリングを小さくする





沖縄での試験でダムセルが炸裂したことがありました。無風 平水、ベタ凪。普通は諦めてしまうような状況ですが、ダムセルで半日で5匹のGTが試作のダムセルで上がりました。皆、驚きでした。これは 『ダムセル120』 で上がりました。5匹以外にも針を曲げられて逃げられた、かなりの大型GTも居ました。使用ロッドは 『SLP80/38』 です。ロッドの戻りを利用したポッパーアクションでヒットしました。





ダムセル75gでGT キャッチ。75gのダムセルもGTによい時があると感じています。投げるのも、引くのも軽いので、ライト感覚のGTフィッシングが出来ます。女性、GTアングラーの方にもお勧めです。使用ロッドは 『BLC84/18』 です。『BLC84/18』 と 『ダムセル75g』 のマッチングは好きです。






『ダムセル75g』 にGT28kg。75gとルアーは小型ですが、集魚効果が高い為か、サイズのよいGTもヒットしています。ロッドは 『BLC84/18』 です。強いので、このサイズのGTにも安心してファイトが出来ます。





ダムセルはバイトがあると高確率でフッキングしています。フッキング率が高いです。





『ダムセル120』 でGT この時は、硬めのロッドでショートにアクションをさせてヒットしました。軟らかめのロッドで、ロッドの復元を使ったアクションがよい時、硬めのロッドでショートにポッピングさせて破裂音を出した時がよい時があります。





ダムセルは国内、海外共にマグロも釣れています。ダムセルの甘いポップ音が効いていそうです。





ルアーを見破りやすいセイルフィッシュですが『ダムセル120』 に完全に捕食のスイッチが入り、とても勢いがある追尾でヒットしたセイルフィッシュ。





この時、ダムセルの動きにセイルフィッシュは狂っていました。ダムセルには、新しく見つけた 『見破られにくい動き』 を採用しています。この動きを生かすために、ダムセルは平水、又は 海面に面がある状況での使用がベストです。また、喫水の低い船が向いています。もし、キャスティングデッキが高い場合は、ロングロッド (8.6~8.8フィート) で海面にロッドティップを近づけてアクションさせます。